「安くていいもの」はない

価格を安くする方法は、原材料費か人件費か製造費を削る(あるいはその3つとも)、規格・容量を小さくする、くらいだ。

従って「安くていいもの」は成立しづらく、実は「高くていいもの」を手入れしながら長期間使うのが安上がりになる。

諺に曰く「安物買いの銭失い」。