お節介

される方はありがた迷惑、受け入れられないと、した方にストレスが溜まる。

お節介はしないに越したことはない。

但し、助けを求められた場合には全力を尽くすといい。