どちらでもいい

選択肢AかBで迷って行動に移せない場合、比重をつけてみるといい。

Aが51、Bが49ならAを選択して行動する。

A、B双方が50の場合は「どちらを選択してもいい」という事であり、むしろ立ち止まって動かないことの方が問題。