やって後悔、やらずに後悔

心理学的には前者の方が心に負う痛みが少ないとか。

学問的な理由は別にして、やってみると何らかの結果が出るから案外心理的負担が減るのではないか。

やらないでいい理由を考えても進歩は望めないが、挑戦して失敗した原因を考えた方が次に繋がる。