コピーの取り方

時代の趨勢により稀有な事例かもしれないが、コピー取りを頼まれたらつべこべ思わずさっと済ませてしまおう。

修正液をつかった直後ではないか、資料に折れがないかなどを確認しコピー。依頼主に渡す時は天地、左右をきちんと揃えクリップ止めして渡す。

完璧なコピーが取れる様になったら、コピー取りをマスターした事になるので卒業。コピーすらまともにできない人は永遠にコピー取りをさせられる。