タックス・ヘイブン

いわゆるパナマ文書の流出により租税回避の動きをしていた人物・会社の実名が明らかになりつつある。

この取引自体は〝違法〟ではないが、既に反発を喰らっている。

節税には成功しても信用を失うのがお金に関する一つのパターン。