マナー

電車で、携帯電話の着信音をマナーモードにする事なく、かかってきた電話に慌てて応答し、ひそひそ声でそれなりの時間をかけて話した人に出くわした。

気遣いができない事や感性の鈍さに驚くとともに「この人、仕事できないんだろうな」と思った。

マナーすら守れない人に、運命の女神が微笑むとは思えない。運命の女神を信じなくてもいいけど、一方的に好かれてしまう様な行動をとりたいね。