一人ぼっちでも平気

最近は、とくに高校生・大学生の年代(社会人も?)で一人ぼっちを蔑む風潮があるとか。

一人ぼっちをヤイヤイ批判する人間が最も一人ぼっちを恐れて、そして群れているのだ。

「君子の交わりは淡きこと水の若し、小人の交わりは甘きこと醴(れい:甘酒という意味)の若し」(『荘子』)