不安になった時の対策

そもそも不安とは、必要な時に必要な大きさで自らが生み出す実体のないもの、なのですが湧きあがってしまったのであれば、その対策を施すしかありません。

相手が実体が無いだけに、こちらも実体のない対処方法です。

肩の力を抜いて3回ジャンプしながらある言葉をつぶやきます~「大・丈・夫」(→「大」で1回目のジャンプ、「丈」で2回目のジャンプ、「夫」で3回目のジャンプ)。不安が湧きあがると言うことは、頭に血が集中している証拠。それをジャンプして下すだけです。簡単ですよ。