不安の正体

結局、不安は自分が「必要な時に」「必要な内容で」「必要な大きさにして」創り出している。

不安の正体は、実は鏡に映った自分の姿であり、それを見て心が揺れているだけだ。

自分の実力、立ち位置を踏まえて行動するしかない。やたら不安を訴える人が行動的、と云うのにはあまり出くわさない。また行動的な人は不安を訴えない。それは行動する事で答えが出るから、不安を創り出している暇がないのだ。