他人の物差し

「君(あなた)の為に言ってるんだ」として忠告された事が一度や二度はあるはずだ。

それは本当か?「否」だ。

自分の物差しを他人にあてがい、御しやすくする為の方便である場合が多いから注意。