信じる

第一にはまず自分を。

例え、現実がどんなに無様であっても「私は素晴らしい」と根拠なく信じる。

他人が信じられないのは、自分を信じていないから。