元○○

自分の肩書きを「元○○」として活動している人が思いの外多い。

その時の素晴らしい実績は認めるにしても、〝今〟でないのは確実だ。

過去の遺産を拠り所にするよりも、現在依って立っているところで勝負しよう。