問題は何?

誰しも得意分野と不得意分野がある。

得意分野はいいとして、殊更不得意分野に焦点を当てて悩む必要はない。

実は、それを〝問題〟と思っているのはあなただけかもしれない。