壁を破るには量が必要

❝占い❞において(だけではないと思うので❝ ❞内は適宜置き換えて下さい)、壁を破る方法の一つとして「量をこなす」がある。

1人、2人を鑑定しても実力は大きく伸びない。それよりは10人、10人よりは20人占う方が実力がつく。

様々なお客さん、様々な質問に対応していくと自然と身に付くものがあるのだ。そして大人数を短期間で対応するとさらにいい(例:2週間で60人、1時間で6人など)。やがて量は質へと昇華する。