天職

鑑定をしていると「天職は何でしょうか」と尋ねられる場合がしばしばある。

天職は「これに違いない」と決めつけるものではなく「これかもしれない」と感じるものだ。

しかも不得意分野の中から見つかる可能性が高いから不思議。