常識の中での幸せ

会社員時代、出張で宿泊する場合は宿泊補助金額を超えてでもいいホテルに宿泊したが、寝るだけななので安宿で十分という同僚もいた(こちらが多数)。

どちらが良くてどちらかが悪いのではなく、私も同僚も双方の常識の中で行動していたのでそれはそれで幸せ。

ただ、自分の常識をはみ出す、あるいは常識を書き換えると異次元の体験ができる。