度量

誰しも、度量は小さいより大きい方にあこがれる。

慣用表現に「清濁併せ呑む」とある様に〝清〟だけでも〝濁〟だけでも成立しない。

そのことを忘れないのがコツ。