悪口はなぜダメか

それは常に誰かが聞いているからだ。仲間内で言えば仲間が聞いている。

「自分が一人の時にしか言ってない」場合でも同じだ。自分で言って自分で聞いている。

自分自身は常に悪口を聞いている状態なのだ。四六時中悪口を聞いていると、悪口の内容が

自分にインストールされてしまうから怖い。