悪口は誰かが聞いている

例え独り言であったとしても、である。

自分で言って自分で聞いているのだ。

このことは、案外忘れている。