慈悲

「慈」は楽を与えることで「悲」は苦しみを抜くこと。

言い換えると「抜苦与楽」、苦のない状態が幸せ。

但し、その幸せが続けばやがて苦になるから不思議。