時間差

知っている→理解できた、の時間差はあってもよい。

理解できた→行動した、の時間差もあってよい。

「なかなか理解できない」「やろうと思っているんだけど」と、いちいち自分を責めない事が重要。