望まないと叶わない

弘法大師は「昇悟の機、仰がずんばある可からず」と。

「悟りを開く機会は望まない限りない」と言う意味。

という事は〝こうありたい〟と願っていないと叶わない。