本当の傲慢

電車の中で一人の若者が年配者に席を譲ろうと立ち上がったが、年配者は「いえいえ、私は大丈夫です」と言いながら頑なにそれを拒んでいた。

これを本当の傲慢と言う。

他人から受けた親切は、素直に受け取ろう。そしてその親切を自分で止めてしまうのではなく、今度は他の人へと循環させればいいだけの話なのだ。