無いようである

無いようで実はあるのが才能。

単に気づいていないか、「こんなの才能と言えない」と決めつけている点が自分の感性を曇らせている。

自分の才能に気づくには、他人に聞くのが一番手っ取り早い。