第六感

その対象物や事象について普段は気にならないのに、妙に気になる時がないだろうか。

そういう時はその感覚に素直に従ってみるといい。

思わぬ発見やちょっとした驚きがあったりする。自分の感性・感覚を信じる事は大切だ。