自分を生きるとは②

他人からどう見られるか?に意識を置くのではない。

自分がどうしたいか?に基準を置くといい。

その際、往々にして邪魔をするのが〝常識〟という厄介な奴だからご注意あれ。