自分を褒める

何かをやって結果が出なかった場合でも、それに向き合って取り組んだ事実に対しては自分を褒めよう。

「結果がダメだから手法も過程もすべて駄目」とは言い切れないからだ。

自分の一番の応援団は自分なのだ。