自己紹介

時節柄、自己紹介の機会が増えて来るが、名前や年齢、これまでの担当職歴を淡々と語るだけではもったいない。

「えぇー!?」と言われるネタを誰しも一つや二つ持っているはずだから、それを披露すればよい。

相手の印象に残らない自己紹介は、〝自己〟を〝紹介〟したとは言えない。