誰に聞くか、何を聞くか

例えば、相続問題なら弁護士に、体調不良なら医師に聞く。

聞く相手と内容を間違えると適切な助言を得られない。

間違ってど素人に聞くと、あなたの可能性の芽を摘まれるよ。