逆説

敗因を分析する事は多いが、勝因が冷静に分析される事は少ない。

敗因分析は前向きな気持ちにはなりづらいが、勝因分析は気を落ち着かせて出来る。

勝因の中にある、変化の為の機会を捉えよう。