運がいい

有名になった逸話だが、松下幸之助さんがまだ採用試験の面接に立ち会っていた頃、必ず聞いたのが「君は、自分は運がいいと思うか?」だった。

「はい、運がいいです」と答えた応募者を採用して行ったが、その目的は運のいい社員を集めないと会社は発展しないという考えがあったからだ。

大事なのは「自分は運がいいと〝思うか〟」であり、運がいい・悪いという現象面で判断していないところ。