過去の目、現在の目

過去の体験を基にした目でみると、囚われの心が発生し不自由になる。

現在の目で見ると選択の自由があることに気づく。

過去に軸足を置くのはもったいない。