陰と陽

物事にはすべて陰と陽、言い換えれば表と裏がある。

例えば手相でいまだに「これはいい」「これは悪い」となどと言われる場合があるが、それは極めて一面的な判断だ。

乱暴に言えばいいも悪いもないのである。陰と陽をいかに生かすか、だけがある。