隣の芝生

隣の芝生は青く見える、という諺があります。

だからといって嫉妬するのではなく「青くてよかったね」という姿勢で臨みましょう。

もし枯れていたら「どうしたんだろうね」という、しなくていいお節介をするから。