80%を100%

会社員時代「80%の力を100%出してほしい。残りの20%は非常時にとって置くこと」とある上司から言われた。

その理由は「毎日100%だと疲れるだろうし、つぶれてしまうからだ」と説明された。

実は、火事場の馬鹿力は楽で「80%を100%」の方がはるかに難しいのだ。