Q:生命線が短い!④

A:

短い生命線をもう一本の生命線がカバーしているのですが、それが生命線の内側(親指側)から出ている場合があります。

この場合(生命線の内側カバー)は病気や怪我への注意が必要です。

健康管理に気を配る、激しいスポーツは控えるなどで、手相上でその年齢を過ぎれば問題ありません。(つづく)