Q:知能線の傾きは何か意味があるの?②

A:

適職を見ることができます。

知能線が小指の下の方へ向かって大きく傾いている人(≒長い知能線)は、複雑な事をあれこれ考えられる人であり、また創造的な事を考えるのが好きです。適職としては絵画・写真・映像・文学などの芸術関係や企画を考える仕事が向いています。

知能線の傾きがあまり見られず、水平に走っている人は、管理系の仕事(人事・総務・経理など)が適職です。