VIP待遇②

〝VIP待遇〟は家族にも有効。

「最近主人が冷たい」「妻がつれない」といった場合、相手をVIP待遇してみたらどうだろうか。

冷たかったり、つれないのは「もっと大切にして!」という無言の主張。