占術

手相

§手相の歴史

gi01a201309141700手相の歴史は大変古く、『旧約聖書』には手相に関する記述が見られます。
「神は人の手に印象を置き給えり。それはこれによりすべての人々にそのその職分を知らしめんが為なり」(ヨブ記第三十七章七節)
日本には、インドで発生したものが中国を通じて平安時代に入って来たと言われています。

§何がわかるのか

健康(病気)、開運期、恋愛・結婚、適職、才能、性格などがわかります。
また両手で鑑定しますので
●右手:現在進行形のもの(お客様ご自身が努力して切り拓いた才能等)、具体的な変化(環境、現実的な変化)
●左手:先天的なもの(ご先祖様から受け継いだ気質、才能等)、精神的な変化(いい師匠に出会って考え方が変わったなど
を見ていきます。

タロット

§タロットの歴史

009S1392年、フランスのシャルル6世の為に作られた遊戯札が最古のものと言われています。その後フランス、イタリアで少しずつ発展して行きました。
その間、タロットカードは様々なものが成立しています。
(有名なものは マルセイユ版タロット です。もちろんこれ以外にもあります)
現在最も使われているのが、1909年にアーサー・E・ウエイト氏によって作られた「ウエイト版タロット」です。
なお、タロットカードそのものは毎年新しいものが誕生しています。

§何がわかるのか

目の前の事、近未来(一年先程度)の事がわかります。
・右と左に進路が分かれているが、それぞれを選択した場合どうなるか
・これからやろうとしている事はどうなるか(発展する時期、注意する時期)

方位

§方位をどう活用するか

073769仕事がうまく行かない、体調がすぐれない、結婚したいのにどうも出会いがない・・・。これらは気のエネルギーが欠乏している状況に陥っています。
それを解消するのが方位です。
人は生まれた年によってそれぞれ星が違います(一白水星、二黒土星・・・)。
ご自身の星と相性の良い方位へ引っ越し・旅行する事で気のエネルギーの充電を行います。
その最適の方位・期間(引っ越し・旅行)をお伝えします。