失敗と反省と後悔の先に

失敗→反省・後悔の流れになる。

失敗・反省・後悔はしていい。

しかし一番やってはいけないのは、未来に向かっての歩みを止めてしまうこと。