罪悪感

罪悪感は「罪」でも「悪」でもない。

ただ、本人がそう感じているだけ。

罪悪感なんて、罪悪「缶」にして捨ててしまえばいい。