過去と他人

変える事ができない代表例として「過去と他人」が挙げられる。

しかしそれは〝何もしなかったら〟の条件付だ。

自分の考え方を変えると、過去の事象そのものは変わらないが評価は変わるし、行動を変えると他人は変わる。